お問い合わせ お問い合わせ
メニュー メニュー
wt bk

都市特有の外的要因ストレスに負けない用土設計

ビル風・日照不足・ゲリラ豪雨・蒸れ・乾燥に負けない花壇に

イメージ

DATE

施設名 shade 駒場ガーデン 
(※CLOSEされているため現在は花壇の管理は行われていません)
写真撮影者 (株)タクト
対象植物 草花/宿根草 等
使用製品 植物園の土/バイオゴールドの土ストレスゼロ/保水の土/クラシック元肥/バイタルV-RNA
イメージ

施工背景

吉谷桂子さんがショップの移転に合わせて、移転先に設計されたガーデンを実現するため、砕石などがあった花壇部分を改修し、その場所にあった用土システムで造成し直しのお話をいただき、現地調査などを踏まえて施工を行った。
建物の立ち並ぶ中、道路に面しながらも奥に入り込むような花壇で、建物による日照不足や排水設備の不足、乾燥など広々としたガーデンとは異なる問題点が考えられた。

施策

イメージ

◆1)用土システム設計 2)花壇造成 3)施肥内容提案
改修前の現地は、表面に砕石が敷き詰められている状態。その下の土も植栽に向く様子ではなく、排水にも問題が確認できた。砕石を取り除き、排水不良対策に下層に穴を掘り「水質浄化の土」を入れることで対策を行った。また、その上の層には水を保持しやすい土を使用した「保水の土」を入れ、植物の生育域には「植物園の土」または「ストレスゼロの土」を使用し、排水不良問題を乾燥対策へと変えられるよう構造を設計し、施工した。
偏った日差しや一方的なビル風などの環境要因に加え、台風や大雨、蒸れなど近年の都市の気候により、植物が倒れてしまうなどきれいに育たない問題に直面したが、土をしっかり整えたことで、根付き、環境に耐える植物に育ち、デザインされたガーデンを実現させた。(面積合計25.1㎡ 体積合計7.645㎥)

施工内容をもっと詳しく見る

パスワードはこちらからお問い合わせください。