お問い合わせ お問い合わせ
メニュー メニュー
wt bk

農薬を使わない庭の土壌改良・1

多くの野鳥や昆虫や動物たちが住みつく自然豊かなオーガニックガーデン

イメージ

DATE

施設名 銀河庭園
所在地 北海道恵庭市牧場277-4
写真撮影者 (株)タクト
施工者 株式会社アレフ・えこりん村
対象植物 草花
使用製品 大地肥/クラシック元肥/バイオゴールドオリジナル
イメージ

施工背景

広さ10ヘクタールの敷地に数多くのテーマを持ったガーデンとエリアがある銀河庭園。2016年よりガーデンデザイナー吉谷桂子さんがスーパーバイザーとなり、より花が多く、親しみやすいガーデンを目指して進化を続けている。テーマガーデンの一つの「銀河フラワーボーダー」は、2016年秋にもともと通路脇の草地だった場所を開墾して土壌改良を行い造成された。2017年には対面の通路脇も開墾し、2018年に50メートルにもおよぶ花溢れるダブルボーダーが完成した。土壌改良は吉谷桂子さんの「結果が読みやすく効率のわかる有機肥料」という希望と土壌分析の結果をもとに、大地肥を基本とした計画が練られた。
2018年、2019年には同手法でダリアボーダーが作成された。

施策

イメージ

◆1)土壌分析 2)土壌改良
採取した土壌を調査し現状の様子などを確認したところ、肥料的な成分は少ないが、草が生えていた場所は固くなく、自然に植物の根の張りやすい環境になっている状態だと判断できた。
提案では、新たに植える植物を活着させ、花を咲かせ、より生育して行けるよう、現状土のよさを活かしたまま、徐々にさらに土を良くしてゆく資材や肥料などを提案し、施工していただいた。無茶な施肥などを行っていない、環境に合った土が保たれていれば、その土地に適した土として、よりよい栽培環境が実現できることが確認できた。

施工内容をもっと詳しく見る

パスワードはこちらからお問い合わせください。